クリニックニュース

2024.07.10更新

 【奏】第2秘訣 音楽で癒しを(歌って演奏してリラックス)

音楽療法士による精神面での治療は、楽器を使って演奏したり歌を歌って身体を動かすなどの方法が積極的に取り入れられています。
カラオケなどを利用して自分の好きな歌を思いっきり歌うことは、ストレス発散の一つの方法といえるでしょう。
また、思いっきり大声を出せるのはカラオケならではの醍醐味でしょう。大きな声を出すことは、深く吸った息を長い時間かけて吐き出すという呼吸法になりますので、普段使わない腹筋を収縮させる運動につながります。
また、歌う時の緊張感や集中力、歌い終わった後の達成感や緩和感が脳の良い刺激となります。
そして、大きな悩みや苦悩があっても集中して歌うことにより、本来の自分の気持ちを忘れて没頭することが可能です。ひと時の間その悩みを忘れることができ、気分転換になるのです。
人間は悩みや困難なことがあると、そのことばかりに囚われてしまい、ますます気持ちが落ち込んでいく傾向にあります。そんな時には自分の好きな歌を口ずさんでみましょう。それだけでも気分転換になります。
音楽は好きだけど歌うのはちょっと…とためらう方には「演奏する」という発散方法もあります。
例えば、打楽器などの演奏はどうでしょう? 和太鼓の音などのように、腹の底に響くような力強い音の振動は、心臓の鼓動や生体のリズムと協和しエネルギーを与えるといわれています。和太鼓に限らず「演奏する」という行為は、現在の自分の状態を一時的に解放し曲を奏でることに専念できます。
一人での演奏でもいいのですが、何人かで集まって演奏するのも楽しいでしょう。
皆でリズムを取りながら、音で感情を表現し合ったり、響き合う和音を一緒に体感し、コミュニケーションを取ることが可能となります。一人で楽しむよりも数倍も満足感が達成できるでしょう。
要はカラオケでも演奏でも、自分の好きな曲や音楽を、自分自身が発することによって、一時的に現実の自分から逃避し、ストレスの解消ができるという訳です。
音楽が好きならば聴く癒しだけでなく、自分で奏でる発散方法も是非取り入れてみましょう。

ピアノ

ナチュラルクリニック代々木    ※クリニックニュース Vol.8 掲載記事

 

ご相談はお気軽に

完全予約制ですので、来院ご希望の方は、お電話ください。
空いている日にちと時間をご案内いたします。
幅広くご相談に応じておりますので、ぜひお問い合わせください。

  • HPを見たとお伝えいただければスムーズです 03-56363-1481
  • 24時間受け付けております お問い合わせはこちら
03-5363-1481