2017.06.06更新

【定義】
睡眠障害は、その障害の状態から、入眠障害、熟眠障害(浅眠・中途覚醒)、早期覚醒に分類されます。

【主な症状】
不眠に対して過度の不安や恐怖をもっている場合が多く見られます。実際に眠っていても「眠れない」と訴える方が多いようです。 ちょっとした音などでも覚醒しやすく、深く眠った後でも熟睡感のないことが特徴とされます。

【治療法】
脳内のホルモンバランス(セロトニン分泌)を正常化し、自律神経を整え、副交感神経を優位に働かせる栄養療法を採り入れます。

投稿者: 医療法人社団一友会

ご相談はお気軽に

完全予約制ですので、来院ご希望の方は、お電話ください。
空いている日にちと時間をご案内いたします。
幅広くご相談に応じておりますので、ぜひお問い合わせください。

  • top_img11_sp.png
  • 24時間受け付けております お問い合わせはこちら
03-5363-1481