ガン外来

ガン治療について

ガンの治療では手術療法、放射線治療、抗ガン剤治療の三大療法が主流であり、どれもガン細胞を狙い撃ちして排除する治療法です。しかし、身体を切る手術療法、病巣に放射線を照射する放射線治療、薬物を投与してガン細胞を死滅させる抗ガン剤治療は、健康な細胞も同時に壊死させ、全身の免疫力の低下を招き、ガンの治癒を阻むという側面も持っています。
早期発見と治療によりガンの再発率が下がってきたとされていますが、ガンの治癒率はあまり上がっていません。そして、抗ガン剤の投与による副作用に苦しみながら亡くなられていく方もまだ多くいらっしゃいます。

当院では、ガンを克服するために自然治癒力を高めてアプローチする医療を提供しています。

当クリニックのガン治療法について

検査:PRA毛髪分析・血液検査

80項目~120項目程の詳細検診で、ガンの進行度や体調の不具合、精神的ストレスに至るまで分析します。

  • ガン
  • 中枢神経系
  • 精神、感情、情緒
  • 内分泌系
  • 循環器系
  • 不足栄養素
  • ストレス
  • その他

【治療法】

ビタミンC点滴療法

とうもろこしを主成分とした、防腐剤等の添加物を含まない、安全なビタミンCの点滴でガンの増殖を有意に低下させます。これは、数年前からアメリカの国立衛生研究所でも取り組んでいる治療法で、ノーベル賞を2度も受賞したポーリング博士と共同研究者のキャメロン博士による研究成果によりその効果が実証されています。

ゲルマニウム温熱療法

ガン細胞の増殖を抑え、免疫力をアップさせるため、ゲルマニウム温熱ドームで免疫を活性化させ、ゲルマニウム温熱治療器により局所温熱治療を行います。
ガン治療の一つである「ハイパーサーミア(温熱療法)」効果と、ガン細胞のプラス電子を中和させてガンの増殖を抑えていきます。

超濃縮酸素療法

Dr.オットー・ワールブルグ博士は「細胞を35%以上の酸欠状態にすると100%ガン化する」発見で、ノーベル賞を受賞しています。その原理を用いて、細胞に酸素を大量に含ませることで、ガン細胞の増殖を抑え、制止します。

細胞(膜)強化栄養療法

免疫力をアップさせ、体内の細胞を活性化させるための必須栄養素を補います。がんに対する有効な栄養素を一時的に多量摂取し、がんの繁殖を抑え、治療効果を高めます。

天然酵素反応療法

抗酸化酵素の分泌量を増やすことにより、毒性物質を分解して体外に排出する力が強くなります。食物発酵食品を用いて消化を助け、胃や膵臓の負担を軽減させて各器官への栄養素供給の改善と機能回復を狙います。

マイナスイオン活性療法

数百万個のマイナスイオンを体内に送り込むことで細胞に賦活をかけて免疫力を高めます。還元電子治療器を用いた治療です。

アポトーシス誘導体療法

がん細胞をアポトーシス(自滅)させる誘導体栄養素を効率良く摂取することにより、がん細胞のような異型細胞のみを攻撃しながら正常細胞を活性化させていきます。

免疫細胞活性療法

がん発生のメカニズムを抑えるためには、生体防御能力を高めることが不可欠です。そのためには腸内環境に働きかけ、免疫系細胞を活性化させる必要があります。活性酸素の除去能力を備え、免疫細胞に賦活をかける栄養素を補完して、がんに対抗する細胞の増殖を促します。

ご相談はお気軽に

完全予約制ですので、来院ご希望の方は、お電話ください。
空いている日にちと時間をご案内いたします。
幅広くご相談に応じておりますので、ぜひお問い合わせください。

  • top_img11_sp.png
  • 24時間受け付けております お問い合わせはこちら
03-5363-1481