2017.06.06更新

【定義】
免疫システムの過剰反応、あるいは副交感神経の過緊張による皮膚疾患です。食事や腸の状態にも大きく左右される現代病です。

【主な症状】
炎症は頭部に始まり、次第に顔面に及ぶことが多いようです。やがて体幹、手足に下降していき、関節の内側を中心に炎症が強くなります。 かゆみと乾燥が強いため、患者さんは非常な苦痛を感じます。

【治療法】
分子栄養療法により、免疫と自律神経のバランスを調整します。タンパク代謝を調整し、アレルゲンに対する過剰反応を抑制します。 また、化学物質などの毒を排出していきます。

投稿者: 医療法人社団一友会

ご相談はお気軽に

完全予約制ですので、来院ご希望の方は、お電話ください。
空いている日にちと時間をご案内いたします。
幅広くご相談に応じておりますので、ぜひお問い合わせください。

  • top_img11_sp.png
  • 24時間受け付けております お問い合わせはこちら
03-5363-1481