2017.06.06更新

【定義】
大脳における神経細胞の過剰な電気的発火によって、さまざまな型の発作がおきる疾患です。 全身強直‐間代発作、欠神発作、幻聴発作といった型があります。

【主な症状】
けいれん発作が長く続くと脳神経細胞が疲労し、知能指数の低下や運動麻痺をきたすこともあります。

【治療法】
神経伝達物質と脳内ホルモンバランスを図り、同時に低分子のリン脂質と組織を柔軟にする不飽和脂肪酸を摂取して頂きます。 そして、脳神経細胞の易刺激性を和らげます。

投稿者: 医療法人社団一友会

ご相談はお気軽に

完全予約制ですので、来院ご希望の方は、お電話ください。
空いている日にちと時間をご案内いたします。
幅広くご相談に応じておりますので、ぜひお問い合わせください。

  • top_img11_sp.png
  • 24時間受け付けております お問い合わせはこちら
03-5363-1481