2017.06.06更新

【定義・主な症状】
黒質線条体のドーパミン放出低下による錐体外路症状、つまり、振戦、筋強剛、無動・動作緩慢、小刻み歩行、 すくみ足歩行といった特徴的な症状を示す疾患です。

【治療法】
アセチルコリンやカルシウムを摂取することにより、脳内のドーパミンレベルを上げて、パーキンソン病を改善します。

投稿者: 医療法人社団一友会

ご相談はお気軽に

完全予約制ですので、来院ご希望の方は、お電話ください。
空いている日にちと時間をご案内いたします。
幅広くご相談に応じておりますので、ぜひお問い合わせください。

  • top_img11_sp.png
  • 24時間受け付けております お問い合わせはこちら
03-5363-1481