2017.06.06更新

【定義・主な症状】
認知症の原因疾患には、老年期にみる血管性認知症、アルツハイマー型認知症、ピック病のほかに、ハンチントン病、 パーキンソン病、進行性核上性麻痺、てんかん、頭部外傷、脳炎などの感染症、脳腫瘍(頭蓋内腫瘍)、 アルコール中毒、正常圧水頭症(水頭症)などがあげられます。

【治療法】
認知症の治療は、主にアセチルコリンの減少を防ぐために、KLL、細胞間の情報伝達のために糖鎖栄養素を摂取させ、脳細胞を賦活しながら他の脳内ホルモンと神経伝達物質のバランスをとります。

投稿者: 医療法人社団一友会

ご相談はお気軽に

完全予約制ですので、来院ご希望の方は、お電話ください。
空いている日にちと時間をご案内いたします。
幅広くご相談に応じておりますので、ぜひお問い合わせください。

  • top_img11_sp.png
  • 24時間受け付けております お問い合わせはこちら
03-5363-1481