2017.06.06更新

【定義】
幼児期の夜尿をおねしょといい、6~7歳(小学校入学後)以後の夜尿を夜尿症といいます。

【症状】
睡眠中の尿量の減少と膀胱容量の増加が不十分であるために、夜眠っている間の排尿間隔が短くなって、 睡眠中に尿意が強くなり、夜尿となります。

【治療法】
分子栄養療法により、利尿ホルモンの放出を抑制します。

投稿者: 医療法人社団一友会

ご相談はお気軽に

完全予約制ですので、来院ご希望の方は、お電話ください。
空いている日にちと時間をご案内いたします。
幅広くご相談に応じておりますので、ぜひお問い合わせください。

  • top_img11_sp.png
  • 24時間受け付けております お問い合わせはこちら
03-5363-1481