ナチュラルレシピ

2022.05.16更新

納豆には様々な栄養があります。ナットウキナーゼは血栓を溶かす酵素を活性化させる血栓予防効果があり、血液をサラサラにするため、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞など血管系の病気を予防する効果が期待できます。その他、たんぱく質やイソフラボン、ビタミンKを含み、更年期や骨粗鬆症の予防など、様々な薬効があります。そんな納豆をおやつとして食べれるようにアレンジしてみましょう。

<材料> 
・納豆(1パック) ※麺つゆ(小1) ※白炒りごま(小1)
※七味唐辛子(小1/2)…辛みが苦手な方は無くてもOK
 ・米粉(大1) ・ごま油(大1)…米油やオリーブ油でもOK 

<作り方>
① 納豆と※の材料を混ぜる。
② ①に米粉を入れて軽く混ぜる。
③ フライパンにごま油をひいて②を入れて表面がカリっとする
まで炒める(10~15分位じっくり焼いて下さい)。
④ お皿に盛りつけてできあがり。
<アレンジ>
  青海苔を入れたり、最後にてんさい糖を少々入れても美味しいです。

 

2022.05.02更新

1日1~2杯は食して頂きたいお味噌汁。お味噌は発酵食品なので、腸内環境の改善にも繋がります。また具沢山の味噌汁は、栄養価もばっちり。普段のお味噌汁に、きな粉をプラスして、香ばしさと栄養素をアップさせましょう

<材料> 4人分
・具材(乾燥わかめ、お麩、キャベツ、白菜、玉ねぎ、にんじん他なん
でも)
・ねぎ(適量) ・出汁(かつお、こんぶ、干ししいたけなどお好みで) 
・味噌(大4) ・きな粉(小4) 
・お好みで薬味(みょうが、しそ、ごまなど) 

<作り方>
① 水800ccにこんぶを入れて沸騰させ、かつおぶしを投入してひと
煮立ちさせる。
② ①を濾して出し汁にする(こんぶだけを出してそのままでもOK)。
③ ②に具材を入れて煮て、味噌を入れて火を止める。
④ お椀にきな粉、薬味、ネギのみじん切りを入れて、③をよそってかき
混ぜながら召し上がれ。
※ きな粉を入れることでコクが出て、味噌汁が深い味わいになります。
※ プラスきな粉でたんぱく質の摂取を応援!普段から食卓で活用しま
しょう。
※ Vol66味噌玉にきな粉を混ぜておいてもgood!

味噌汁プラス

ご相談はお気軽に

完全予約制ですので、来院ご希望の方は、お電話ください。
空いている日にちと時間をご案内いたします。
幅広くご相談に応じておりますので、ぜひお問い合わせください。

  • top_img11_sp.png
  • 24時間受け付けております お問い合わせはこちら
03-5363-1481