ナチュラルレシピ

2013.10.25更新

毎日お魚は食べたいけれど、焼いたり煮たりするのが面倒…。
ただ冷蔵庫で浸けておくだけで、メインディシュができちゃいます!
鮭にはDHAやEPAが多く含まれ、学習、記憶力の向上や動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病などの生活習慣病の予防効果があります。またタウリンも豊富なので、コレステロールの代謝促進や肝臓強化にも効果大。

【用意するもの】
・塩鮭(切り身でもあらでも)  ・容器(鮭を浸けておきます) ・米酢

【作り方】
1.鮭を適当な大きさにカットします。
2.容器に並べて酢を注いで冷蔵庫保存します。
3.2時間位で食べられます。
4.浸ければ浸ける程、美味しくなります。一晩から二晩位がお勧めです。浸けるうちに身が白っぽいピンクになり、骨が軟らかくなります。食べる時にお好みで醤油を数滴垂らしても美味しいです。

鮭の酢漬け

☆尾崎さよ子☆

2013.10.24更新

発芽玄米は栄養価も高く、消化もいいし、モチモチしていて美味しいですよね。でも、市販の製品は高くて毎日食べられない!そこで、自宅で安全&安心な発芽玄米を作ってしまいましょう。

【用意するもの】
・玄米  ・容器(玄米を浸けておきます) ・ベジクリーン  ・水

【作り方】
1.玄米を計量し、水を入れて軽くすすぎます。水を換えてベジクリーン小さじ1杯を入れてよく研ぎます。
→ 農薬の除去と殺菌のために1分程よく研ぎましょう。
2.その後、水を3回程度換えてすすぎます。
3.容器に研いだ玄米を入れて、水を入れて放置します(玄米を呼吸させるために密閉はしないように)。
4.24時間以上放置すると、玄米が発芽玄米となります。8時間に一度位は水を換えてあげましょう。冬場は発芽しにくいので、30℃位のぬるま湯を入れて下さい。
5.炊く時には普段のお米と同じ水加減でOKです。玄米モード、白米モードどちらでも炊けます。
6.発芽した状態で1ヶ月程度保存することも可能です。発芽玄米の水を切り、乾燥させてから冷蔵庫保管して下さい。炊く時には軽くすすいでから炊きましょう。

乾燥している玄米です。

乾燥している玄米

24時間水に浸けた玄米。芽のところが尖ってくると発芽状態です。全部尖ってなくても大丈夫。発芽待機状態で栄養価バッチリ♪

水に浸けた玄米

☆ 鈴木奈津子 ☆

ご相談はお気軽に

完全予約制ですので、来院ご希望の方は、お電話ください。
空いている日にちと時間をご案内いたします。
幅広くご相談に応じておりますので、ぜひお問い合わせください。

  • top_img11_sp.png
  • 24時間受け付けております お問い合わせはこちら
03-5363-1481