ナチュラルレシピ

2018.11.23更新

ネギやしょうがなどの薬味を細かくカットして、すぐ使えるように冷凍保存している方は多いと思いますが、今が旬の夏野菜も冷凍できちゃうことをご存じですか? 傷みやすくて沢山は買えなかった野菜たち…。美味しい時期にまとめて購入して料理に活躍させちゃいましょう♪

 

【トマト(ミニトマトも含む)】
ベジクリーンで浸け置き洗いしたトマトは、丸ごとジップロックなどの保存袋に入れて冷凍庫へ。
使う時には水につけて半解凍させると、皮がするりと剥けてカットしやすくなります。トマト水煮缶はもう買う必要ありません♪カレーやトマトスープなどに使いましょう。

トマト

 

【なす】
ベジクリーンで浸け置き洗いしたなすを、使いやすいサイズにカットして、水にさらして10分程度アクを抜きます。ザルにあけて、よく水気を切ってから保存袋に入れて冷凍庫へ。炒め物やお味噌汁、カレーなどにどうぞ♪

なす

 

【パセリ】
ベジクリーンで浸け置き洗いしたパセリは、葉の部分だけを取り(茎は捨てます)よく水気を取ります。保存袋に入れて冷凍庫へ。凍ったら袋の上から揉んで下さい。冷凍パセリのみじん切りができちゃいます♪

パセリ

【大葉】
ベジクリーンで浸け置き洗いした大葉は、水気をよく切ります。4~6枚重ねて、はじからクルクルと細く巻いてサランラップを巻き、スティック状にします。
使う時には冷凍庫から出して端からキッチンバサミでチョキチョキ。
欲しい時に欲しい分だけ、すぐに使えて便利です。

シソ

 

2018.11.02更新

おやつの定番のポテトチップスですが、添加物や油が心配で我慢している方にも、安心して食べられる手作りチップスの紹介です。さつまいもで作るチップスは美味しく、自然の味が楽しめます。

さつま芋チップ

<材料> 
・さつま芋 1本
・塩 少々
・オリーブオイル 適量
 
<作り方>
1. ボールに水を入れる。
2. スライサーでさつま芋をスライスする。
3. 1のボールにスライスしたさつま芋を入れる。
4. 10分程水に漬けておく。
5. ザルに上げて、キッチンペーパーで水分を拭き取る。
6. フライパンにオリーブオイルを入れて、170℃に熱する。
7. 5のさつま芋を入れて5分程加熱する。
8. 軽く塩をして完成!!

水に浸す事で、でんぷん質が抜けパリッと仕上がります。油の温度を上げ過ぎると焦げてしまうので、注意しましょう。

【アレンジレシピ】
 その他、色々な野菜や味付けで楽しめます。ミックスにしても、カラフルで野菜嫌いなお子様のおやつにもピッタリです。野菜はそれぞれ生のままスライスして水に漬けて揚げるだけなので簡単!冷蔵庫に残った野菜を活用して、いろいろ試してみましょう。

 

★ ポテトチップ ・・・(青のり+塩)
★ レンコンチップ ・・(ガーリックパウダー+塩)
★ マロンチップ ・・・(塩)
★ ニンジンチップ ・・(クレイジーソルト)
★ りんごチップ ・・・(シナモン+甜菜糖)
★ ゴーヤチップ ・・・(カレー粉+塩)
★ ごぼうチップ ・・・(七味唐辛子+塩)

 

ご相談はお気軽に

完全予約制ですので、来院ご希望の方は、お電話ください。
空いている日にちと時間をご案内いたします。
幅広くご相談に応じておりますので、ぜひお問い合わせください。

  • top_img11_sp.png
  • 24時間受け付けております お問い合わせはこちら
03-5363-1481