クリニックニュース

2019.09.21更新

 脳は、神経という名のコードで身体のあらゆる部分と繋がっており、身体の情報収集や指令を行っています。
神経には全身に網の目のように張り巡らされている「末梢神経」と、そこから集められた情報を集積して処理する「中枢神経」とがあります。
中枢神経は脳(大脳、小脳、中脳、間脳、橋、延髄)と脊髄からなります。
大脳から脊髄までの、思考をはじめとした高次の機能をつかさどります。
末梢神経は身体の様々な働きに関わっており、大きく分けて「体性神経」「自律神経」の2つに分けられます。

脳と臓器

「体性神経」には、知覚神経運動神経の2つがあります。

知覚神経>
視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚などの感覚器が捉えた情報を中枢神経に伝えます。

<運動神経>
中枢神経から出された刺激を筋肉に伝え、筋肉を収縮させることにより身体を動かします。

体性神経は、私たちの考えによって働く神経です。
例えばスイカを見て、視覚神経により美味しそうという情報が脳に伝わり、脳が食べるという意思決定を行います。
脳は運動神経を伝って筋肉に指示を出すことにより、スイカを手で持って食べるのです。

視覚神経

「自律神経」には、交感神経副交感神経の2つがあり、シーソーの様にバランスを取りながら働いています。

<交感神経>
脊髄から出ており、興奮や緊張時に優位になります。

<副交感神経>
脊髄と脳幹から出ており、睡眠時やリラックスしている時に優位になります。

自律神経は、体温、発汗、血圧、呼吸、心拍、胃腸の運動などを無意識に調整しています。
これを生体恒常性(ホメオスタシス)といい、この調整が働かなくなると、生体内部の環境が乱れ、不調を来し、いずれは死に至ります。
眠っている間も滞りなく身体が機能しているのは、自律神経のお蔭なのです。

シーソー

 

 自律神経系は「知覚神経」と連携して臓器を調整しています。
身体の様々な所に臓器の状態を観測する受容体と呼ばれるセンサーがあり、このセンサーが感知した情報は、感覚神経を伝って自律神経の中枢に行き、自律神経がそれに反応することで自動的に臓器を制御します。
例えば、興奮や緊張時には交感神経が働き、心臓に働きかけることで心拍数が上がり、ドキドキします。
また涙の分泌は副交感神経によって促進され、交感神経によって抑制されています。
悲しくなくても緊張がとけると涙が溢れ出ることがありますが、これは副交感神経が優位になったためです。
自律神経といいながらも、その中枢は視床下部にあり、感情を司る大脳辺緑系と相互連絡していることから、こころの問題も自律神経の働きに関わってきます。

心臓

 

 自律神経は、交感神経と副交感神経がバランス良く働くことが大切です。
どちらか一方が強まると、様々な不定愁訴を招きます。
器質的病変が認められず、顕著な精神障害がないにも関わらず身体の変調がある場合、自律神経のバランスが不定愁訴の要因となっていることがあります。
理由が良く分からず体調が優れない時は、自律神経が原因かもしれませんね。
規則正しい生活リズムを心掛け、ストレスを溜めないことが大切です。

2019.09.06更新

年々、認知症患者数は増えていますが、これから高齢化が益々進み、さらにその人数は増えていくと言われています。

 

では認知症予防として、今からできることは何でしょうか。

それは毎日の食事を気を付けることです!

 

 

 

①和食中心の食事にしよう

ユネスコ無形文化遺産にも登録された「和食」は、世界的にも注目されています。注目をされたのはそれだけ「和食」は健康に良いと認識されているからなのです。

「一汁三菜」と聞いたことがあるように、和食は主食・主菜・副菜と揃い栄養バランスが良い点が分かりますね。また、汁物があるので満腹感を感じ易く、食べ過ぎの防止にもなります。

 和食独特の文化として、お刺身や生卵、馬刺しなど、生のままで食べることも食材の栄養素を壊さずに摂取できる良い点です。

一汁三菜  

      生食

 

 

②塩分を摂り過ぎないように

これは認知症だけでなく様々な疾患リスクに言えますが、塩分過多の食事は高血圧のリスクを高めます。高血圧は認知症の危険因子のひとつとなり、注意すべき点です。

塩分の摂り過ぎにならない様に、調理の際に出汁をしっかり取るとその後の味付けは薄くてもちょうど良いくらいになります。昆布・かつおぶし・干ししいたけなどを活用しましょう!

出汁

 

③糖分を控える

糖質過多の食事は血糖のコントロールが難しくなり、血糖値の乱れはアルツハイマー型認知症の発症リスクを高めます。

また糖尿病の方は認知症になり易く、更には認知症を発症すると糖尿病の悪化にも繋がると言われています。高血糖や低血糖にならない様に、食事で血糖値をコントロールする必要があります。主食である白米をはじめとするパン・麺類などの精製された炭水化物には、糖質が多く含まれ血糖値を急激に上昇させます。血糖の乱れに繋がる甘い物や精製された炭水化物の摂取には注意が必要です。食事の際には、汁物・サラダ→おかず→主食と食べる順番に気を付け、バランス良く食べると血糖値の上昇も穏やかになります。ラーメンや丼ぶり飯などの「主食だけ」の食事にならない様にしましょう。可能であれば白米だけでなく、黒米や発芽玄米などを白米に混ぜた物がお勧めです。

 順番

④「まごわやさしい」を心掛けて

まごわやさしい

 「まごわやさしい」は日本「伝統」のメリットを栄養学的に凝縮した「健康食材の詰め合わせ」のようなものです。エネルギー源となる炭水化物や体をつくるたんぱく質、体の調子を整えるビタミン・ミネラルなどが豊富な食材なのです。生活習慣病の予防・コレステロールの低下・老化予防・免役力アップ・体調を整えるなど様々な健康づくりに役立つ食材ですので、普段の食事から積極的に摂取しましょう。

 

 

いかがでしたか?

コンビニやファーストフードなど、現代では手軽に簡単に便利に食事をすませることができるようになった反面、偏った栄養バランスに陥り易くなっています。小さなことですが、日々の食事をちょっとだけ意識することで、健康な毎日を過ごす大切な一歩となります。

ご相談はお気軽に

完全予約制ですので、来院ご希望の方は、お電話ください。
空いている日にちと時間をご案内いたします。
幅広くご相談に応じておりますので、ぜひお問い合わせください。

  • top_img11_sp.png
  • 24時間受け付けております お問い合わせはこちら
03-5363-1481