診療案内

診療案内

前のページに戻る

摂食障害 [摂食障害]

【分類 】
摂食障害は、神経性食思不振症、神経性大食症、異食症、幼児期の反芻(すう)性障害などに分類されます。

【主な症状】
1.標準体重の20%以上のやせ。
2.食行動の異常(拒食、過食、かくれ食い)
3.体重や体型についてのゆがんだ認識(体重増加に対する極端な恐怖など)
4.発症年齢30歳以下が多い。
5.無月経をきたすことがある。
6.やせの原因と考えられる器質性疾患がない。

【治療法】
分子栄養療法により、脳内ホルモンのバランスをとり、神経組織を柔軟にします。

Up Date:2008年07月24日(木) by 管理者 at 16時23分   パーマリンク

ページのトップへ ページのトップへ