診療案内

診療案内

前のページに戻る

不安神経症 [不安神経症]

【定義・主な症状】
強い不安、あるいは予期不安を特徴とする神経症です。

【治療法】
分子栄養療法により、ノルアドレナリン(恐怖のホルモン)の過剰分泌を抑え、セロトニンの減少を防ぎながら、他の脳内ホルモン、神経伝達物質の調整を図ります。

Up Date:2008年07月08日(火) by 管理者 at 15時36分   パーマリンク

ページのトップへ ページのトップへ