診療案内

診療案内

前のページに戻る

メニエール病 [メニエール病]

【定義】
聴覚と平衡感覚のセンサーである耳の内耳には、骨と膜の二重構造になっていて、膜の内側は内リンパ液で満たされています。 この内リンパ液が何らかの要因で、調節がうまくできなくなり過剰になると、内リンパ水腫をつくり、これが神経を圧迫して、 めまい、耳鳴り、難聴などの様々な症状が現れます。これがメニエール病です。

【症状】
主な症状はぐるぐる回るようなめまいを繰り返し、聴覚や平衡感覚に異常が起きます。また耳鳴りや難聴を伴うことがあります。 めまいの発作は、吐き気や嘔吐を繰り返す場合もあります。

【治療法】
メニエール病は精神的ストレスや過労から発生するケースが多いため、生活習慣を改善し、自律神経を整え、 副交感神経を優位に働かせる分子栄養療法を採り入れます。

Up Date:2008年07月24日(木) by 管理者 at 17時13分   パーマリンク

ページのトップへ ページのトップへ