診療案内

診療案内

前のページに戻る

夜尿症 [夜尿症]

【定義】
幼児期の夜尿をおねしょといい、6〜7歳(小学校入学後)以後の夜尿を夜尿症といいます。

【症状】
睡眠中の尿量の減少と膀胱容量の増加が不十分であるために、夜眠っている間の排尿間隔が短くなって、 睡眠中に尿意が強くなり、夜尿となります。

【治療法】
分子栄養療法により、利尿ホルモンの放出を抑制します。

Up Date:2008年07月24日(木) by 管理者 at 17時07分   パーマリンク

ページのトップへ ページのトップへ