診療案内

診療案内

前のページに戻る

肝臓障害 [肝臓障害]

【定義】
肝臓病の原因としては、ウイルス(A型、B型、非A非B型)、薬剤(抗生物質、精神安定剤、降圧剤)、 アルコール(飲み過ぎ)、免疫、代謝異常などがあります。

【症状】
自覚的には食欲不振、全身倦怠感、他覚的には肝腫大、黄疸、腹水浮腫などがあります。

【治療法】
安静(体を横にして肝臓に血液が流れやすくする)、栄養(高タンパク、高ビタミン、高カロリー)が大切です。

Up Date:2008年07月24日(木) by 管理者 at 17時02分   パーマリンク

ページのトップへ ページのトップへ