診療案内

診療案内

前のページに戻る

高血圧 [高血圧]

【定義】
正常な血圧とは、最高血圧が140mmHg、最小血圧が90mmHg未満。高血圧は、最高血圧が160mmHg以上、 最小血圧が95mmHg以上で、正常血圧と高血圧の間を境界域高血圧と呼んでいます。高血圧は、 そのまま放っておくと動脈硬化から心不全や心筋梗塞、腎不全を起こしたり、 細血管障害からの脳出血などの循環器系の命にかかわる病気を引き起す危険因子です。

【主な症状】
自覚症状はほとんどといっていいほどありません。

【治療法】
分子栄養療法により、血液中の脂質を減らし、血管の内側に過酸化脂質を溜めないようにし、 活性酸素による悪玉コレステロールの酸化、過酸化脂質の生成を抑えます。また、脂質の代謝をスムーズにし、 血管の内側に付着してしまった過酸化脂質を取り除きます。

Up Date:2008年07月24日(木) by 管理者 at 16時58分   パーマリンク

ページのトップへ ページのトップへ