診療案内

診療案内

前のページに戻る

アトピー性皮膚炎 [アトピー性皮膚炎]

【定義】
免疫システムの過剰反応、あるいは副交感神経の過緊張による皮膚疾患です。食事や腸の状態にも大きく左右される現代病です。

【主な症状】
炎症は頭部に始まり、次第に顔面に及ぶことが多いようです。やがて体幹、手足に下降していき、関節の内側を中心に炎症が強くなります。 かゆみと乾燥が強いため、患者さんは非常な苦痛を感じます。

【治療法】
分子栄養療法により、免疫と自律神経のバランスを調整します。タンパク代謝を調整し、アレルゲンに対する過剰反応を抑制します。 また、化学物質などの毒を排出していきます。

Up Date:2008年07月24日(木) by 管理者 at 16時51分   パーマリンク

ページのトップへ ページのトップへ