診療案内

診療案内

前のページに戻る

アスペルガー症候群 [アスペルガー症候群]

【定義】
発達障害の一種で「知的障害の無い自閉症」とされています。他人の気持ちや感情が理解しずらく、 マイペースで一方的な対人行動をとることが特長で、強いこだわりを示したり、運動機能の軽度な障害も見られます。

【主な症状】
対人関係の障害や特定のものや事柄に対する異常なこだわりは、自閉症と同じようにみられますが、 明らかな言葉の発達の遅れがみられません。特徴的なこととしては、相手の気持ちを読み取ることができず、 独断的な言葉が多いことです。その場の雰囲気を読み取れず、状況に不相応な言動をしたり、比喩や冗談が理解できなかったりします。

【治療法】
栄養療法により、脳内の神経伝達物質の分泌を促進し、脳内ホルモンのバランスを調整することによって、 神経組織を柔軟にします。また同時に有害重金属の排泄を促していきます。

Up Date:2008年07月24日(木) by 管理者 at 16時43分   パーマリンク

ページのトップへ ページのトップへ