診療案内

診療案内

前のページに戻る

パーキンソン病 [パーキンソン病]

【定義・主な症状】
黒質線条体のドーパミン放出低下による錐体外路症状、つまり、振戦、筋強剛、無動・動作緩慢、小刻み歩行、 すくみ足歩行といった特徴的な症状を示す疾患です。

【治療法】
アセチルコリンやカルシウムを摂取することにより、脳内のドーパミンレベルを上げて、パーキンソン病を改善します。

Up Date:2008年07月24日(木) by 管理者 at 16時41分   パーマリンク

ページのトップへ ページのトップへ