診療案内

診療案内

前のページに戻る

統合失調症 [統合失調症]

【定義】
以前は精神分裂病と呼ばれていた統合失調症は、妄想や幻覚などの多彩な症状を示す精神疾患のひとつです。

【主な症状】
主要な症状は連合弛緩・感情鈍麻・意欲減退・言語性幻覚(幻声)・被害妄想・自我障害・緊張病性興奮・昏迷などですが、どの症状が顕著となるかは病期によって異なります。一般的に、急性期には幻覚妄想状態や緊張病性興奮(もしくは昏迷)といった陽性症状が、慢性期には情意減弱状態ないし欠陥状態といった陰性症状が主な症状となります。

【治療法】
統合失調症の原因は、ドーパミンの過剰分泌や他の脳内ホルモン(神経伝達物質)のアンバランスが原因だと考えられます。分子栄養療法により、ドーパミンの過剰分泌を補正しながら、他の脳内ホルモンとのバラ ンスをとっていきます。

Up Date:2008年07月08日(火) by 管理者 at 15時24分

ページのトップへ ページのトップへ