ナチュラルレシピ

2019.06.21更新

<材料>
・米粉(70g)
・かぼちゃ(100g)
・卵黄(4個)
・卵白(4個)
・オリーブオイル(60ml)
・てんさい糖(30~50g)
・無調整豆乳(大さじ1)

<作り方>
1.南瓜は蒸かして柔らかくし、熱い状態のままつぶします。卵黄を1個ずつ加えて、無調整豆乳とオリーブオイルを入れて、滑らかになったらふるいにかけた米粉と大豆粉を入れ、粉っぽさがなくなるまで混ぜます。
2.卵白は泡だて器(ハンドミキサー)でメレンゲを作り、てんさい糖を少しずつ加えていきます。ツノがしっかりと立つまで泡立てます。
3.卵白を1に3回に分けて、メレンゲを潰さないように混ぜます。生地を型に流し込み、180℃のオーブンで30分焼きます。(オーブンがない場合は、フライパンにクッキングシートを敷いて中火~弱火で焼きます。)
4.生地に串を刺し、くっつかなければ出来上がり☆

シフォンケーキ

 
南瓜の栄養価の高さはトップクラス!カロテン、カリウム、ビタミンC、ビタミンB1、B2、E、カルシウム、鉄などが含まれ、中でも豊富なのがカロテンで、肌や粘膜、目を丈夫にし、免疫力を高めます。
ビタミンEはホルモン調整や血行を促進し、身体を温めるので冷え性の緩和や肩こり、更年期障害の改善に効果があります。
カットしなければ長期間栄養素を損なわず、加熱してもビタミンCの損失が少ないです。皮に実以上のカロテンが含まれているので、調理は皮ごとがポイント☆

2019.06.07更新

里芋の主成分はでんぷんですが、他のいも類に比べてエネルギーが低く、カリウムを多く含むことが特長です。また独特のぬめりには、ガラクタンという炭水化物とたんぱく質が結合した粘性物質が含まれ、ガンや潰瘍の予防に効果があると言われています。またムチンという物質も含まれ、たんぱく質の消化や吸収を高めて胃を丈夫にします。毎日摂りたい里芋ですが、里芋は小さく、痒くなるので皮をむくのが大変…。簡単に調理して食卓に採り入れましょう♪

里芋

 

<きぬかつぎを作ろう> 
1. 里芋を良く洗う。
(へたの部分をカットしておくと剥きやすくなります)
2. 鍋に里芋がかぶる位のお水と塩少々を入れ、7~8分程度ゆでる。
3. 温かいうちに、塩や生姜醤油、味噌などで召し上がれ!

きぬかつぎの応用レシピ♪
  ★ 温かいうちに皮を取り、軽くつぶしてポテトサラダに…。
  ★ つぶした里芋に片栗粉と豆乳を少々加えて、団子状にして焼く。
  ★ 皮を取って、そのままお味噌汁に入れてけんちん汁に。
  ★ 皮を取り、醤油とみりんで煮っ転がしに…。
  ★ 皮を取った里芋を半分に切り、オリーブオイルで焼いても。

ご相談はお気軽に

完全予約制ですので、来院ご希望の方は、お電話ください。
空いている日にちと時間をご案内いたします。
幅広くご相談に応じておりますので、ぜひお問い合わせください。

  • top_img11_sp.png
  • 24時間受け付けております お問い合わせはこちら
03-5363-1481